育児ときどき音楽

限られた時間の中での生産性や効率化を狙う家事育児・仕事は、

(私にとっての)創作活動と対極のところにある。


計画を立て、無駄を省いて、準備を周到に…

毎日の生産性を高めるべく暮らしていると、

音楽家はうっかり出番を見失う。


”会議の資料作った後、2時間でこの音のこの部分は完成させよう。”


そんな思惑は大抵外れ、真夜中に突然と起きる娘さんや、

直前のギラギラしたモードにより、なんだか違う音に仕上がっていたりする。


だからといって、そういう創作のエネルギーを抑えて吐き出さねば、

思わぬところで支障が出る。


ヒラメイた音を、ピアノという音の中から探し、

その音を自分で弾けるようになってから録り、調整していく。

集中的にやりたい私にとって、遅々として進まぬ、創作活動。


長期でとった休暇は、やりっぱなしの音たちを整理しようとも思ったけれど、

たくさんの美しいものを吸収しに、アートの島々へ。

やはり現地での体験は何ものにも代え難い。

何かがしっかり満たされた。


ただ、時間に追われる現実は変わらない。

そうだ、共同製作にしよう。


自然がアートなら、娘さんの存在自体、アートだ。

ということで、初の共演。


『ゆらの唄(DEMO)by Yasmin22 et Y』

(アートの島とはまた別の)

島の人に出会った時、何かがとても動いた。

何かをたくさん受け取った。そんな音。

Office Yasmin Web

里山の暮らしと、音楽と。

0コメント

  • 1000 / 1000