言葉をまだ知らないうちに

娘は最近よく喋る。

今日のご飯がイマイチだとか、今日はスカートを履きたいんだとか。

ママのことは「ら(だ)い好き」だそうだ。


喧嘩した時や泣いてる時には「今どんな気持ちがある?どんなこと考えてるの?」と、

一応社会でやっていけるように、気持ちや考えを言語化することも勧めてはいる。


そんなこの頃、ダンスという習い事を始めた。

周りは水泳や英語など実用的なものを習わせている中、ちょっと迷ったけれど、

何かクリエイティブなことがいいと思って娘を観察していた。


舞台は好きそう。歌うことも好き。家のピアノにも興味がある。そしてよく踊っている。


私は6歳で歌、9歳でピアノ、13歳の時にダンスを始めた。

娘に何かクリエイティブなものをと思ったのは、それらが私にとってもう、

 命の何か であるから。


言葉で伝えること、伝えようと努力すること。これは、社会で生きていくにはとても大事なこと。

それでも、言葉にならないこと、言葉にできないこと、って無数にある。


たぶん、そういうものって、どこかに溜まっていく気がする。

そして、たぶん、ときどき暴れだす。


まだ言葉をよく知らない娘さん。

言葉にできなかった思いたち、言葉にならなかった気持ちたち。

そんなものは、歌って踊って、奏でて…命の何かに変えてしまえ。

そして、また立ち上がれ。


母はこんな言葉がとても好き。

L'essentiel est invisible pour les yeux.(大切なものは目に見えない。by サン=テグジュペリ)


目に見えないもの、言葉にならないもの…

社会では切り捨てられていく、そんなカタチにならないものたちと、

うまく付き合っていく方法、これから一緒に探していこう。

0コメント

  • 1000 / 1000

Office Yasmin Web

里山の暮らしと、音楽と。